筋トレ

プロテインを飲んでお腹を壊す方は必見。WPIプロテインを飲もう。

 

こんにちはしゅんRです!

本日はプロテインを飲むと、決まってお腹を壊してしまう方に向けて、

その原因について記事を書いています。

プロテインを飲むとお腹を壊してしまう。

僕自身、筋トレ後にはタンパク質が必要なので

「チャンピオンのヘビーウエイトゲイナー」や

「ザバスのホエイプロテイン」を当時は良く飲んでいました。

両方とも美味しいのですが、 毎回、お腹を壊してしまい、ほとんど毎日下痢をしているような状態でした。 (汚い話ですいません。)

お腹を壊す原因はプロテインに含まれる乳糖(ラクトース)にあった。

この乳糖(ラクトース)というのは、 哺乳類の母乳に含まれている成分で、ホエイプロテインの原材料の牛乳にも多く含まれています。

牛乳を飲んで、お腹を痛めてしまう人は、この乳糖に対する耐性が弱く、

乳糖不耐症と言われています。

僕は牛乳を飲むと、ほとんど必ずお腹を下していたので

まさにこの乳糖不耐症でした。

乳糖不耐症の方は、WPIタイプののプロテインがおすすめ

その後、本やネット等で調べてみると、ホエイプロテインにはWPCタイプと、

WPIタイプ(アイソレート)の二種類があることがわかりました。

製造方法によって、異なるのですが、簡単にいってしまえば、タンパク質の保有量がおよそ80%のものがWPCプロテイン、おおよそ90%以上のものが、

WPIタイプ(アイソレート) となります。

このうち、WPCタイプは、乳糖が除去されておらず、WPIタイプは乳糖を可能な限り除去して作られています。

僕がこれまで飲んでいた 「チャンピオンのヘビーウエイトゲイナー」 はタンパク質保有量が約70%、 「ザバスのホエイプロテイン」 は約75%と、WPCタイプのプロテインを飲んでいたのです。

BULK SPORTSの「ISOPRO」は乳糖フリーで、コスパも良くおすすめです。

乳糖不耐症のことを知ってからは、WPIタイプと銘打っている商品や、タンパク質保有量が90%以上の商品で探しました。

そこで見つけたのが、BULK SPORTSの「ISOPRO」シリーズです。

乳糖が除去されており、このプロテインに変えてからは長年悩まされていた下痢からも解放されました。

1kgあたり、3,000円から4,000円程度と値段も手ごろでリピートも可能です。

僕は、「ココアミルク」味に水を混ぜて飲んでいます。WPIタイプだからといって、変な匂いは味はしなく、美味しく飲むことが出来ています。

本日のまとめ

プロテイン後の下痢に悩まされている方、もしかしたらその原因は

乳糖不耐症かもしれません。

WPIタイプのプロテインを一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゅんや

WEBマーケもする28歳のフロントエンドエンジニア⚫プログラミング難しい➡自身も挫折➡なので勉強の悩みを解決できるよう初心者目線で発信 ⚫【経歴】早大商学部▶︎地方公務員▶︎WEBマーケ企業⚫本業でSEOを意識したWEB制作をしています。⚫noteはこちらです。

-筋トレ

© 2021 LIKEGOGOBLOG Powered by AFFINGER5