ツイッター運用

ツイッターのメリットを1からわかりやすく解説します【活用例あり】

スマホに映ったツイッター画像

しゅんや

前職は地方公務員、現在はWebマーケ会社でSEOを意識したWeb制作をしています。

Twitter:フォロワー数 1,200人

Twitter運用歴:8ヵ月

相談者

ツイッターを始めるメリットってあるの? デメリットや気をつけることも知りたい。ツイッターの有効な活用法ってあるのかな。

このような疑問を解消できる記事になっています。

なぜなら、これから紹介する「ツイッターの有効活用法」を実践したことにより、当ブログでは、1日のPV数を5倍に増やせたからです。

記事の前半ではツイッターの用語解説、メリットやデメリットを紹介し、記事の後半では「ツイッターの有効活用法」によって1日のPV数を5倍に増やした体験談を紹介していきます。

この記事を読み終えた後は、「ツイッターのメリット、デメリット」が分かるだけでなく、ツイッターを自分のビジネスにも活用できるようになります。

 

Twitter(ツイッター)とは

Twitter(ツイッター)とは、140字以内のメッセージを発信できるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。

写真や画像、URL等も送付することが可能で、その汎用性から世界的に人気があり、日本では4,500万人、全世界では3億2600万人のユーザーがいるとされています。

(参照:Twitterの月間アクティブユーザー数は日本で4500万超 | TechCrunch Japan

 

Twitter(ツイッター)の基本用語をシンプルに解説

ツイッターには、独自の用語が存在します。最初はわからないと思いますが、使っていくうちに慣れていくのでざっくりの理解で大丈夫です。

 

ツイート(tweet)

ツイートとはツイッター上に、テキストや画像、URL等を投稿することです。日本では「つぶやく」とも言われています。

 

リツイート(Retweet)

他のユーザーのツイートを、自分のツイートとして再(re)投稿(tweet)することです。リツートをすると自分のタイムライン(後述)上に他のユーザーのツイートが表示されます。

またRTと略されて使われることも多いです。

 

フォロー/フォローバック

フォローとは、自分のアカウントに他のユーザーのアカウントを登録することです。フォローをすると、フォローしたユーザーのツイートが自分のタイムライン上に表示されます。

フォローバックとは、フォローをしてくれたアカウントに対して、自分もフォローを返すことを言います。「フォロバ」とも略されます。

 

フォロワー

自分をフォローしてくれている他のユーザー(アカウント)のことです。フォローされると、自分の投稿がフォロワーのタイムライン上に表示されます。

 

リプライ(返信)

他のユーザーのツイートに対して、コメントをする機能のことです。「リプ」する、「リプ」を返すというように使われます。

 

ダイレクトメッセージ(DM)

特定のユーザーと非公開で、メッセージのやりとりをする機能のことです。

 

タイムライン(TL)

自分専用の画面のことです。自分のツイートやフォローしている人のツイートが時系列順に表示されます。

 

 

Twitter(ツイッター)のメリット

世界中に広がるネットワークの図

次にツイッターのメリットを紹介していきます。

 

メリット①リアルタイムの情報やトレンドをキャッチできる

ツイッター上では様々な情報が発信されており、知りたい内容を発信しているアカウントをフォローすれば、最新の情報をいち早くキャッチ出来ます。

例えば、こちらのファッションWEBマガジン「ファッションプレス」の公式アカウントでは、ファッションやコスメ、スイーツ等の最新の情報が発信されています。

ファッションプレス

 

メリット②趣味や興味が合う人が見つかる

ツイッターの検索機能を使うと、趣味や興味がある分野を発信している方が簡単に見つかります。

フォローをしたり、自分からリプライ(返信)をすることで、コミュニケーションをとることが可能です。

 

メリット③災害時における情報入手の手段として活用

地震や台風等、日本は災害が多い国ですが、災害時には、電話やメールが使用出来なくなることがあります。

そうした場合でもネット回線は繋がっていることがあり、ツイッターを通じて、連絡を取り合えます。

またニュース等で取り上げられる前のリアルタイムな災害現場の情報も入手できます。

例えば、こちらの「民間気象情報会社ウェザーニュース」のアカウントを登録しておけば、台風や地震等の災害情報を入手できます。

ウェザーニュース

 

メリット④世界中の人と情報を共有できる

日本のみならず、ツイッターは世界中で利用されています。英語が得意な方であれば、英語で検索すれば海外の最新の情報を入手したり、海外の方ともコミュニケーションが可能です。

 

メリット⑤お金がかからず、すぐに利用開始できる

アカウントの登録にお金はかからず、アカウントを登録すればすぐに始められます。

 

メリット⑥有名人の情報も入手できる

ツイッターには、多くの有名人も登録しています。

好きな有名人のアカウントを登録しておけば、イベントやテレビ出演の情報を入手できたり、有名人のツイートにリプライ(返信)し、交流できます。

 

メリット⑦ブログや会社の宣伝・集客に使える

ツイッター上で、ブログの更新情報を発信したり、企業であればセールの情報を発信することで、ツイッターからの集客を狙えます

ブログへの集客については、実体験をこの記事の後半で紹介しています。

 

 

Twitter(ツイッター)のデメリットと対策

スマホをいじる男性の画像

ツイッター特有のデメリットと、その対策についても紹介していきます。

デメリット①文字数が140字以内に制限される

1回のツイートで投稿できる文字数は140字以内に制限されています。連続して投稿することで、長文の投稿も可能ですが、ユーザーからは読みづらくなってしまいます。

対策:長文を発信したい場合にはブログなどの別媒体を検討する。

 

デメリット②投稿する内容に注意する必要がある(炎上対策)

手軽に発信できる分、ツイートの内容には注意が必要です。自分のツイートが他のユーザーを傷つけたり、失言となって炎上してしまう可能性もあります。

対策①:投稿前に「他者を誹謗中傷していないか、社会的秩序やマナーの範囲内」か確認する。

対策②:フォロワー内にしか見られない非公開(鍵付き)のアカウントで発信をする。

 

デメリット③間違った情報に注意が必要

ツイッター上には、役立つ情報や面白い情報など様々な情報が飛び交っていますが、そのすべてが正しいわけではありません。

中には誤った認識で発信されたツイートや、嘘のツイートも発信されています。

対策①:発信している方(または企業)が信頼できるアカウントかを見極める。

対策②:ツイッターの情報だけを鵜呑みにせず、公式HPなどでも確認する。

 

デメリット④ツイッター中毒に注意

自分のツイートがどんな反応をされているか気になってしまい、1日中スマホを手放せなくなってしまうスマホ中毒には気をつける必要があります。

対策①:ツイッターを制限するアプリ(UBhind等)を導入し、強制的に使用時間を制限する。

対策②:寝室にスマホを持ち込まない。

対策③:仕事中や勉強中はスマホの通知をオフにする。

対策④:ツイッター以外の別の趣味を見つける。

僕も一時期、ツイッター中毒と言えるくらいに、ツイッターに熱中している時期がありました。

ですが、時間制限アプリによる使用時間制限や、通知をオフにする、ツイッター以外の趣味(ブログや筋トレ)等を見つけたことにより、ツイッター中毒から脱出できました。

しゅんや

当ブログでは「ツイッター中毒」に関する記事も書いています。ツイッター中毒への有効な対処法を知りたい方はこちらの記事にも目を通して起きましょう。

PCの前で頭を抱える女性
誰でもできる「twitter(ツイッター)疲れ」への5つの対処法

続きを見る

 

 

Twitter(ツイッター)のメリット!(活用例)

上昇するグラフの図

僕は昨年10月にプログラミングを始めて、その情報収集のためにツイッターのアカウントを登録しました。利用していく中で、様々なメリットがあったので紹介していきます。

①有益な情報が手に入った

プログラミングの講師をされている方から、勉強方法を知ることが出来ました。日常生活で出会うことが難しい人から有益な情報を得られるのがツイッターのメリットです。

 

②ツイッターで一緒に勉強する仲間が出来た

ツイッター上には僕と同じようにプログラミングを勉強されている方がたくさんおり、ツイートやリプライ(返信)を通じて、勉強する仲間が増えました。

日々の勉強内容を発信していく中で、同じ目標を持つユーザーからコメントを頂いたり、応援を頂いたりもしました。

 

③ツイッター上で内定報告したら祝福された

以下はエンジニアへの内定報告をした際のツイートです。たくさんの方からいいねを頂きました。

このように勉強や、副業、転職活動等何かを熱心に取り組まれている方は、成果を報告すると多くの人から祝福されます。

 

④ツイッターからのアクセスで、ブログのPV(ページビュー)が5倍に増えた

こちらは、当ブログ「らいくご」のPV数のグラフです。4月後半まではツイッター上でブログの告知はしておらず、最高でも1日40PV程(4月29日)でした。

5月にブログの再構築を行い、再開したブログをツイッターで告知したところ、1日で200PV以上(5月10日)を達成することが出来ました。

それまでの40PVと比較すると約5倍のページが読まれたことになります。

ブログの集客数が増えました。

このように検索結果だけのアクセスに限らず、ツイッターからのアクセスを増やすことで、集客数を増加させて、売上アップに繋げられます。

 

※具体的にはこのような形で、ツイッター上でブログの告知をしています。

こちらのツイートからのリンクで100人以上の方に読んで頂きました。

まとめ

最後にもう一度、本日の内容を確認しましょう。

ツイッターのメリット・デメリットについて

・ツイッターのメリット

→ 手軽さ、情報収集のしやすさ、同じ趣味の仲間が見つかる

・ツイッターのデメリット

→ 文字数の制限、投稿内容や虚偽情報に注意、スマホ中毒になる可能性がある

・ツイッターの活用法

→ 情報収集、成果報告、ブログ等への集客

ツイッターは上手く使えば、同じ目的を持った仲間を見つけられたり、自身のブログやお店へと集客し売上の増加を目指せます。

それでもまだツイッターの運用方法に不安があるといった場合には、SNSの運用方法に詳しい方を最初にフォローするのをオススメします。

僕のツイッターでは、「SNS運用からのブログ集客・フォロワーの増やし方等」を発信していますので、この記事を読んで良かったと思ったらフォローをお願いします。

 

試しにフォローしてみる(プロフィールへ飛びます)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゅんや

WEBマーケもする28歳のフロントエンドエンジニア⚫プログラミング難しい➡自身も挫折➡なので勉強の悩みを解決できるよう初心者目線で発信 ⚫【経歴】早大商学部▶︎地方公務員▶︎WEBマーケ企業⚫本業でSEOを意識したWEB制作をしています。⚫noteはこちらです。

-ツイッター運用

© 2021 LIKEGOGOBLOG Powered by AFFINGER5