プログラミング 公務員

公務員がプログラミングを学ぶメリット【筆者の実体験あり】

 

 

公務員がプログラミングを学習するメリット

本記事の信頼性

しゅんや

・元地方公務員でプログラミングを学んで転職し、現在はWebマーケ企業でWeb制作をしています。

Twitter:フォロワー数約1,500人

相談者
公務員だけど、定年まで終身雇用が続くか不安。プログラミング等、手に職をつけた方がよいのだろうか。思いきってエンジニアに転職する方法も知りたいな。

こんな相談にお答えします。

この記事では、現在、公務員をされていて将来が不安と思っている方にプログラミングを学習するメリットについてお答えします。

実際、僕も公務員時代にプログラミングを勉強した事によりウェブエンジニアに転職する事ができました。

※僕が公務員からエンジニアになるまでの経緯については、下記の記事で紹介しています。

>>僕が6年勤めた公務員(市役所)を辞めて、未経験からエンジニアになるまで

今回の記事を読んだ後には、プログラミングを勉強してみたくなるはずです。

それでは、前置きはこの辺にしまして、早速ご紹介していきます!

 

公務員もプログラミングを学ぶメリットはあるの?

結論から申し上げると大アリです。

メリットが沢山あるので一つずつ紹介していきます。

メリット① 課題解決能力が上がる

プログラミングはそもそも、何らかの課題を解決するために使われています。仕事をしていると、大量のデータを一括で管理するにはどのようにしたらよいのか、この使いにくいシステムを改善出来ないかといった悩みが出てくると思います。それらに対して、プログラミングを勉強していると、自分ならその問題をどのように解決出来るだろうかと考えるようになります。

またプログラミングをやっていると、エラーは日常茶飯事で、どうやったらエラーを解決出来るか試行錯誤をする事になります。そのようにいろいろなやり方を試す問題へのアプローチの仕方は普段の業務でも活かされます。

 

メリット② システム技術者とコミュニケーションを取りやすくなる

現在、紙で個人情報を管理している自治体は少なく、ほとんどがシステムを使って管理をしていると思います。私の前職場では年に数回、システム改修があり、必要な機能の追加や、不要な機能の削除が行われていました。

システム改修を行うのは民間の技術者であるため、もしあなたがプログラミングを学び、システムの仕組みを分かっていれば、より具体的にこちらの要望を伝える事が出来るようになります。

 

メリット③ 公務員から転職出来る確率が上がる

公務員は、数年に1回、部署異動が行われるためなかなかスキルが身につきません。結果として、公務員の世界でしか生きる事が出来ない人間になってしまい、嫌な上司やクレーマー達の顔を伺いながら生きていく事になります。

ですが、少しずつでもプログラミングを勉強していれば、現在、IT業界は人手不足なので未経験からでも転職する事は可能です。

実際、僕は28歳で転職出来ましたし、僕の周りにも数名、公務員からエンジニアになった方がいます。ツイッター上ですが、30代からエンジニアに転職され活躍されている方もいらっしゃいます。

公務員からエンジニアへの転職を考えている方は、エンジニアに強い転職エージェントに登録することがオススメです。


 

公務員にオススメのプログラミング学習方法

公務員にオススメのプログラミング学習方法

さて、先程、「公務員からでもエンジニアになれる」とお伝えしましたが、ここからはより具体的な方法をご紹介します。

① 学習する言語を決める。

プログラミング初心者の場合、学習効率の観点から、まずは一つの言語を集中して学習するのをオススメします。プログラミング言語は世界で数百種類ありますが、今回は、「何を作るのか」を基準にプログラミング言語を紹介します。

①Webサイトを作りたい方→Ruby,PHP,JavaScript

この他、マークアップ言語と呼ばれているものにHTMLとCSSがあり、こちらはサイトのテキストや装飾に使われています。ウェブサイトを作成するにあたり、基礎中の基礎であるため、右も左もわからないという方は最初に学習することをオススメします。

②スマホアプリを作りたい方→Java,Kotlin,Swift

Androidアプリを作成したいならJavaが最も人気です。次いでKotlinが人気です。iOSやMacOS等のApple製品でのアプリ開発はSwiftという言語で作られています。

③AI/機械学習をやってみたい方→Python,R言語

近年、急成長をしているAIや機械学習の言語では、Pythonが良く使われています。R言語は統計解析やデータ解析に特化した言語です。難易度はPythonに比べて高めなので、何らかの言語を取得されてから学習した方が良いでしょう。

難易度や求人数などは「プログラミング ○○」と検索すると山ほど出てきます。まずはご自身で調べてみて、どのような言語があるのか、全体像を把握されると良いでしょう。

 

② 学習方法を決める。(プログラミングスクールがオススメ)

勉強する方法としては、独学で勉強するかプログラミングスクールに通うかの2択です。お金に余裕があるのであれば、スクールに通った方が良いです。独学はお金はあまりかからないのですが、以下のデメリットがあるのでオススメは出来ません。

独学のデメリット

・エラーが起きた時や不明点が生じた時に聞く人がいない。

・何から勉強したら良いかわからない。

・一緒にプログラミングを学習する仲間が出来ない

・モチベーションの維持が難しい。

僕も学習を続ける中でエラーにぶつかり、何度も何度も挫折しました。エラーだけで1日が終わる時もあり、独学中はかなり時間を無駄にしてしまいました。その結果として、モチベーションが落ちて勉強すらしない日々が続きました。

初心者が1日悩んでも解決しないエラーをスクールの先生に聞いたら一瞬で解決したりします。

公務員から転職を希望する方は、働いていて、なかなか学習時間が取れないと思います。そうであれば、スクールに通ってスキルを身につけて、早々と転職をされた方が良いと思います。

スクールのメリット

・スクール独自のスキルが身に付くカリキュラムが用意されてあり、勉強の方向性に悩まなくてすむ。

・分からないことがあれば質問が出来る環境がある。

・転職活動についてもサポートがある。

・同じ目標をもった仲間に出会える。

スクールは会社の利益のためにプログラミングスクールを運営しています。良い就職実績を増やした方が会社のためになります。そのため、初心者でも挫折しないようにカリキュラムを作り、わからないことがあったら質問が出来る環境が整えられています。

転職先の斡旋であったり、面接の対策をしてくれるスクールもあります。そのようなスクールであれば公務員から転職出来る可能性は高いでしょう。

スクールであれば、同じ目標を持ったスクール生とお互いに切磋琢磨できますし、プログラミングに関する意見交換なども行うことができます。

僕自身、スクールの同期の方々とは現在も交流が続いています。

 

僕が実際に受講していたスクールについては、こちらの記事で紹介しています。

【元受講生が語る】TECHBOOST(テックブースト)の 評判はほんと?
テックブーストの評判を「元受講生」が1番わかりやすく解説します。

続きを見る

 

公務員がプログラミングスクールに通ってスキルを身につけるのはアリ

プログラミングスクールの費用は10万円〜30万円程度です。決して安くはない金額ですが、安定して給与やボーナスが支給される公務員であれば、支払えない金額ではないと思います。

スキルを身につけて、Web制作の案件を受注出来れば、一発で取り返すことが出来る金額です。

現在はまだ一般公務員には副業は解禁されていませんが、副業が解禁されれば、堂々とプログラミングを使って稼ぐことが出来るようになりますよ。

IT業界は今後も人出不足は加速し、ますますエンジニアの需要は高まっていきます。なのでこの機会にプログラミングスキルを身につけて、終身雇用が崩壊するリスクに備えましょう。

公務員の方で、民間企業への転職を考えている方にはこちらの記事もオススメです。

結論!公務員から転職は可能!!だけど心構えが必要です!
たった2つでOK。公務員からの転職で失敗しない心構え

続きを見る

 

プログラミングスクールのハードルが高いという方は、Udemyの動画教材で自宅でプログラミングを学んで見てはいかがでしょうか。

Udemy(ユーデミー)の検索結果
【8/18更新】Udemy(ユーデミー)の次回セールはいつ?

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゅんや

WEBマーケもする28歳のフロントエンドエンジニア⚫プログラミング難しい➡自身も挫折➡なので勉強の悩みを解決できるよう初心者目線で発信 ⚫【経歴】早大商学部▶︎地方公務員▶︎WEBマーケ企業⚫本業でSEOを意識したWEB制作をしています。⚫noteはこちらです。

-プログラミング, 公務員

© 2021 LIKEGOGOBLOG Powered by AFFINGER5